HSPだっていいじゃない。

生きづらいは人生のヒント

【HSP】敏感気質の人が愛読しているオススメHSP本3冊!

 

f:id:totuai24:20191014141233j:plain



こんにちは、トツキです。

今回は敏感気質のトツキがよく読んでいる、HSP書籍をご紹介!

このブログでも、よく引用させてもらっている本達ですm(_ _)m

HSPについてはこちらの記事で。

 

totuai24.hatenablog.com

一言にHSP書籍と言っても。

今やいろいろな種類の書籍があります。

いざ読んでみようと思っても、どれにしようか迷いますよね。

HSP書籍を探している人、読んでみようと思っている方に。

少しでも参考になれば幸いです!

 

 

 

鈍感な世界に生きる、敏感な人達

1番最初に手に取ったHSP書籍。

自分のことが書いてある!

生きづらい気持ちが救われた気分になりました。

HSPの特徴を心理学やHSPの研究などを主に書かれています。

生きづらく感じるのは自分のせいではなく「気質」や脳の仕組みが普通と少し違うからなんだ、ということを知ることができました。

非HSPとの付き合い方、自分との向き合い方、受け入れ方。

逆に非HSPの人がHSPの人と、どう接すればいいかなど。

HSPについて気になることが、最初から最後までしっかり解説されています。

セルフチェックシートもあるので、参考になります。

外国の方が書かれた本なので、例題の例えが洋画の一場面を見ているようなのですが。

私は少々分かりずらく感じました。

これは、筆者の文化の違いなのでしょうがない!('ω')

HSPを知れた感動と同時に、自分の現実を知ったような気分になり、少しショックを受けたことも事実です。

滅入ってる時に読み込むのは、ちょっとやめたほうがいいかも(;'∀')

それを除けば、本当に勉強になる良い本です。

紹介動画はコチラ。

www.youtube.com

 敏感すぎて生きづらい人のこころがラクになる方法

こちらは挿絵がたくさんあり、ミニ漫画もあって、文章を読むことに抵抗がある人でも読みやすい本です。

生きづらさの解消法、受け入れ方、考え方の変え方。

人間関係のわだかまりを減らす方法、なりたい自分になるためのアドバイス

自律神経とHSPの関係性についても、分かりやすく書かれています。

自分の気持ちや内面を整理するためのワークシートや、リラックス法など。

「読む」以外にも試せるHSP対策があって、読みやすさが工夫されている本です。

「繊細さん」の本

トツキは挿絵が個人的にとても好き。

このイラストレーターさんのイラスト、他の本でもよくみかけます。

薄いブルーで統一されたシンプルなデザイン。

こちらも、読みやすい本です。

強調する所を蛍光マーカーのような、アンダーラインが引いてあります。

なんだかオシャレで分かりやすい。

最近、ブログでもよく見るアンダーラインです。

こちらの本では。

HSPに親しみを込めて、HSPのことを「繊細さん」と呼んでいます。

おそらく、どんな本も丁寧に書かれているのですが、この「繊細さん」の本は特に丁寧というか、優しさを感じました。

 繊細さんがラクになれる方法、ストレスの防ぎ方、人間関係をラクにする方法、のびのびと働く技術、自分を生かす技術。

特に、職場でのHSP対処法が多く載っている印象です。

 

さいごに

こうやってまとめると、内容は似ています。

ですが、それぞれの本に良いところがあるんです。

買いすぎた!と後悔はしていません。

むしろ、3冊そろえて良かったです。

トツキはすぐ考え込んだり、不安になったりする傾向があるので、この本たちの良いところや参考になることを頭の片隅に置いて、日々を過ごしています。

毎日毎日読み込んいるわけではないですが。

自分を責めて苦しむより、ずっと良い事だと思っています。

「知る」って大事です。

なんだか生きづらいと感じている人は。

心の余裕がある時でいいので、HSP書籍ぜひ読んでみてください。

きっと、あなたの気持ちが今よりずっと軽くなるはずです!(*'ω'*)