HSPだっていいじゃない。

生きづらいは人生のヒント

HSPとは?

f:id:totuai24:20190904211012p:plain

 

HSPと聞くとまず頭にハテナ?が浮かぶと思います。

何それ美味しいの?( ^ω^ ) 

HSPとはHighly Sensitive Person(ハイリー センシティブ パーソン )の略でアメリカの心理学者、エイレンNアーロン博士が提唱した概念です。

 

 

 

 

  

HSPの大きな4つの性質

① 深く処理する(悩みやすい)

② 過剰に刺激を受けやすい(臭い 光 音 人の雰囲気など)

③ 全体的に感情の反応が強く特に共感力が高い

④ 些細な刺激を察知する(些細な物音など)

繊細で感じやすく、傷つきやすいとう特徴があり、このため、特に生きづらさを感じる人が多いようです。

参照元 書籍「敏感すぎて生きづらい人のこころが楽になる方法」より)

筆者は全部当てはまっています。

どうして私の事知ってるの!?と小声で突っ込んでしまうくらい(笑)

①はどんなことでも深く考えてしまうので本当にどうでもいいことまで悩んでしまいます。思考の負のループです。

あるきっかけで考えていたことが解決されると負のループはさっとどこかへ消えてしまい、すがすがしい気持ちになりますが、とても疲れます。

だからとても注意深いです。

危険予知行動は場合によってはしすぎなくらいできます(笑)

 

②は最近だと特に匂いがとても嫌です。

不快な匂いは絶対嫌なので対策をしています。アロマなどは好きな匂いならいいですが好みでない匂いを嗅ぐとストレスが溜まります。心の調子が悪い時は本当に嫌ですね。

強い光も苦手です。寝るときは少しでも光が視界に入ったりテレビの光でも気になって眠れなくなる時があります。

 

特に③は実際にこういうことがあります。

例1 隣の人が感情が高ぶって涙を流している姿を見る。

    その人の雰囲気と涙する姿を見て自分も感情が高ぶり涙が出てくる。

例2 小さい子供の泣き声や特に赤ちゃんの泣き声を聞いたり見たりする。

   自分もわんわん泣きたい衝動に駆られ時には泣きそうになる。

例3  相談話や相手の話を聞いているだけで相手と同じ感情になってくる。

例4  テレビや映画などの内容や登場人物に影響され自分と比べ劣等感を抱き悩む

テレビのニュースやワイドショーもあまり見ないようにしています。

暗いニュースだと悲しい気持ちになって気分が落ち込んでしまうからです。

喜怒哀楽どんな感情でも感情が高ぶると涙してしまうこともあります。

これだけコロっと感情が影響されてしまうのでこれまた、とても疲れるんです。

心の調子により症状が出るときと出ない時、感じる時と感じない時があります。

 

④は本当にその通りです。

小さな物音も気になるし、近くで大きな音を立てられたらものすごくビクっとなります。

職場の人に軽く声をかけられた時、あまりに驚きすぎて「そんなに驚かなくてもいいのに・・」とショックを受けられたことが何度もあります(笑)

さらに近くで大きめの音を立てられ、驚きすぎて変なポージングになって笑われたりとか。

一言で言うと、色んな事に影響されて疲れてしまう繊細な性質ということです。 

 

 HSPは生まれ持った気質

HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない。人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られない。同様の性質は、人間以外にも100種以上の生物にも見られる。

参照元ウィキペディアより)

 人間以外にもHSPってあるんですね。

生き物全てに共通しているなんて。

生き物はみんな友達だ!(笑)

 繊細な人は脳の神経にシステムの違いがある

アーロン博士によると敏感な人と敏感でない人では脳の神経システムに違いがあるそうです。

他の人が気づかない小さなことに気づく神経システムを持っています。

ハーバード大学のジェームズ・ケーガン氏の研究によると、同じ刺激を受けても繊細な人は(一部省略)神経の高ぶりに関する物質が多く分泌され、神経が高ぶっていたり、警戒していたりする時に分泌されるホルモンもより多く出ているそうです。

(参照元 書籍「繊細さんの本」)

なるほど。

それはいろんなことにビクビクするわけです。

分かっていても反応してしまいますが。

いつもビクビクしてばかりで嫌だなぁと落ち込むんじゃなくて、脳がびっくりしただけだから気にしない気にしない!って感じで軽くスルーすればいいですよね。

脳とホルモンと神経は密接に関係している。

人間って複雑なんだなぁ。

 

 HSPサイトの紹介

英語ですが日本語にも訳されていて勉強になります。

hspjk.life.coocan.jp

 

もしかして私も!?と感じた方はセルフチェックができます。

hsptest.jp

 

さいごに

あくまで筆者個人の体験、症状なので、人によっては全然違っている人もいます。

一言にHSPといっても個性と一緒で十人十色です。

ここまで本当に軽くですがHSPの事が分かっただけでも気持ちが楽になりませんか?

これからも主に書籍などをもとに、筆者の体験、症状も交えつつ書いていきます。