HSPだっていいじゃない。

生きづらいは人生のヒント

【リラックス法】無印良品のBGMがヒーリングに最適!永遠に残る「伝統音楽」の素晴らしさ。

f:id:totuai24:20191023220231j:plain

 

こんにちは、トツキです。

今や世界でも有名な無印良品

シンプルで使いやすい商品は老若男女問わず、大人気ですよね。

ところで。

無印良品のBGMってちゃんと聞いたことありますか?

ヒーリングミュージックが好きなトツキ。

HSPは自律神経が乱れやすいため、ヒーリングミュージックは、とてもおすすめなんです。

ヒーリングミュージックを聴いて心身共にリラックスしましょう。

こちらの記事で自律神経について書いています。

totuai24.hatenablog.com

で、なんで無印良品

 

ヒーリングミュージック関連の動画をYouTubeで探していたら、見つけたんです。

無印良品のBGM?

ヒーリングなのか半信半疑で聴いてみたら、コレがとても良かった!

とても心地よい音楽。

リラックスできる。

いろいろなヒーリングミュージックがありますが。

上位にくるくらい質が良いのでは!

お店では意識して聴いたことがありませんでした。

視聴してみると、確かに聞いたことあるかも!

無印で買い物してる気分にもなれたり。

そういえば、店内BGMが良い感じだなぁって思った気がする(; ・`д・´)

今度行ってみたら、耳をダンボにして聞いてみよっと。

曲紹介の動画を少し。

ぜひ聞いてみてください!
www.youtube.com

www.youtube.com

無印良品のチャンネルからBGMがいくつか視聴できますので、興味がある方はどうぞ。

無印良品のBGMCDがあったんです。

気になったので、ググってみたら。

こんな記事を発見!

ontomo-mag.com

まさか、すべてオリジナルだったなんて!

しかも20作以上もあるの!?

ポップスのような流行ではなく。

あえて伝統音楽を選んだというところが、無印良品らしい。

流行を追いかけることより、お客様のそばで生活の普遍的な価値を共有できたらと考えるブランドだと僕は思いますので、伝統音楽が最良のBGMと考えました。

伝統音楽は固定されたものではなく、常にその時代の演奏家によって刷新され、また伝統となっていく。

まさに生活そのものと一緒ですよね。

(参照元:「ONTOMO」庵(いりお)豊さんインタビュー記事より)

 その時代の演奏家によって、伝統音楽がまた伝統となっていく。

なんだか素敵じゃないですか。

CD欲しくなってきた(*´ω`)

 CDはなんと1枚990円(税込)

完全オリジナルのCD。

制作者の庵さんが、世界中の伝統音楽と伝統音楽アーティストをこだわり抜いて作ったCDです。

しかも10曲以上も入っている。

ジャケットデザインも、シンプルでおしゃれ。

さすが無印だ!

気になる方はこちらを。

視聴もできます。

www.muji.net

「BGM+」で新しい音楽が発見できるかも

ryohin-keikaku.jp

無印良品制作のBGMシリーズを作っていく中で、出会ったアーティスト達の音楽が多数収録されているそうです。

巨大な商業音楽市場のなかでは居場所を見いだしにくい音楽かもしれません。しかし、彼らが奏でる旋律に耳を傾ければ、市場価値と音楽の価値の間には、なんの関係もないことを実感していただけるはずです。

(参照元無印良品ホームページより)

 BGMとは、また違った楽しみ方ができますね。

BGM+を少し視聴してみましたが。

とても新鮮でした。

伝統音楽と現代音楽の融合というのかな(言葉足らずでスミマセン)

クラシック系の音楽もあって。

全部聞いてみたーい!

これまた欲しくなっちゃう。

先ほどBGM通販を紹介した記事で視聴できます!

こちらは消費税込みで1990円。

 HSPの性質と音楽鑑賞

トツキは日本語歌詞の歌があまり得意ではありません。

感情移入しすぎるため、聞いていると疲れてしまうからです。

HSPの性質のひとつに「全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い」

という特徴があります。

だから歌詞の言葉や文章の意味に反応、共感してしまうのだと思います。

音楽は言葉プラス曲との相乗効果で、感情移入が特別しやすいのではとトツキは考えます。

なので。

ほとんど、洋楽ばかり聞いています。

日本のアーティストの曲も聞きますが、ほんの一部。

英語はサッパリ分からないから、感情移入は日本語歌詞の歌より少ないので(´・ω・)

そんなトツキには無印良品のBGMはピッタリだと思いました。

BGM+も聞いて、新しい音楽の開拓もしたいなぁ!

さいごに

曲に限らずですが、どうしても有名なモノに気が向きがちですよね。

有名なら間違いない!と思ってしまいます。

もちろん、そういうこともある。

有名でなくても、素晴らしいモノはきっと知らないだけで、世の中にあふれているのではないでしょうか。

そのきっかけを今回、改めて教わった気がします。

時代に左右されない「良いモノ」を、無印良品で見つけてみてはどうでしょうか。