HSPだっていいじゃない。

生きづらいは人生のヒント

HSPの考え事。~考えて考えて。結局あきらめてしまう説~

f:id:totuai24:20190929180957p:plain



こんにちは、トツキです。

どこかへ出掛けるにしても、敏感気質は何かと気苦労してしまいます。

「ふらっと、ここへ行ってみよう」がなかなかできない。

これはトツキの場合ですが。

めちゃめちゃ下調べすることがほとんど。

 

調べて調べて色んなことが気になって。

調べることにすら疲れてしまい、結局出かけることをやめてしまうことがしばしば。

色んなこと、というのは例えば。

天気、外気の匂いとか、周囲の人、周囲の出来事に敏感になってしまうため傷つきやすいこととか。

出掛けると疲れることがいっぱいなので、防衛反応のようなものが強く出てしまうんですね。

なかなか行動に移せないことが、悪い事のように思っていました。

外へ出掛けなきゃいけない、しなければいけないと自分で思いつめいていたんです

 

心が嬉しいことをする

f:id:totuai24:20190929165317j:plain

出掛けて気分転換したい。

出掛けて何か体験することで、自分のステータスになる。

話題作りもしなければ。

出掛けなきゃいけないからと無理して出掛けたこともあります。

でもそういう気持ちで出掛けると、あんまり楽しくない。

胸が苦しいまま。

出掛けて気分転換!と思っても「しなきゃいけない」という思考が頭の大半をしめているので、楽しめるワケがないんです。

ただでさえ敏感気質で疲れるのに、こんな精神状態で出掛けてしまったら。

さらに追い込まれた感じになり、気分が滅入ってしまうんです。

 

ある時。

この思考のローテーションで、出掛けることをあきらめてしまうなんてもったいないと思いました。

HSPは悶々と考え込んでしまうことはしょうがないこと。

そういう脳の仕組みになっているんだから。

 HSPの気質についてはこちらの記事にくわしく。

totuai24.hatenablog.com

 敏感なのは仕方ないのだから。

自分が納得して「あ、いいな」と思うことをすればいいんだ。

と考えるようになりました。

自分の心が嬉しがるようなことをすればいい。

それは、自分にしか分かりません。

アウトドアがいいとか、インドアがダメとか。

ああしろ、こうしろ、そうしたほうがいい。

テレビとか雑誌とか、職場の人や家族とか友人とか、いろんな場面で言われたり勧められたりしますよね。

確かに。

時にはそんな周りの声も参考にして、良い事は取り入れることも必要です。

でも、周りに、世間に、振り回されなくていい。

自分の「あ、いいな」を大事にしよう。

 

さいごに

前にも書きましたが。

こういう考えになるまでにとても時間がかかりました。

だからなのか。

 今まで悩んできたことは無駄じゃなかったってことかも?

なんて考えてみる。

よし、そういうことにしておこう('ω')