HSPだっていいじゃない。

生きづらいは人生のヒント

【HSP】心理カウンセリングに行ってみた話

f:id:totuai24:20191108184631p:image

 

こんにちは、トツキです。

今回は、心理カウンセリングに行ってみた話。

HSPについて、自分なりに知識を取り入れ実践してきたつもりだったのですが。

やっぱり「コミュニケーション」となると。

相手の反応が良くなくて、考え込んでしまう傾向にあり。

詳しくは、こちらの記事で少し書いてます。

totuai24.hatenablog.com

 

totuai24.hatenablog.com

 

 

 思考が煮詰まっていたε-(´∀`; )

f:id:totuai24:20191108184943p:image

昔と比べて変わることはできても。

コミュニケーションにおける不快感は未だ消えず。

HSPの本を読んでも、ググってみても、分かるようで分からないという感じ。

煙みたいに、姿は見えるけど掴めない。

なんだか悶々として苦しかったので。

思い切って、カウンセリングを受けてみることにした。

分からないなら、専門家の話を聞いてみよう。

何かヒントが見つかるかもしれない。

前回、HSP勉強会と交流会に参加したカウンセリングルームにまたお世話になることにしました。

実は、何度もカウンセリングは受けようと考えてました。

一度行ったところだから行きやすいしね。

自分が感じていたことの答え合わせだった

f:id:totuai24:20191108185617j:image

物凄く簡単に言うと結論はこうでした。

「今すぐどうこうできることではない」

率直な感想というと。

やっぱり、そうだよねー!(´;ω;`)

分かってはいたんだ。

分かってはいたけど、事実を再確認して結構気落ちしましたw

詳しくは伏せますが(スイマセン)

今まで自分で考察してきたことを、主に言い当てられた感じ。

自分には、分析する才能があるみたい!

なんて、得意げになってみたり。

過去に出来なかった事を今やっていく

f:id:totuai24:20191108183341p:image

家庭環境があまり良くなかったことが原因でコミュニケーションが取れなかったり、HSPがさらに強くなっている傾向があると診断されました。

愛着障害ってヤツです。

子供の頃に家庭で学ぶはずだったコミュニケーションを学ばずに過ごしてきたため、世間に出てコミュニケーションが取りづらいのは当たり前なことだと、診断されました。

分かりやすく言うと。

スポーツを知らないド素人の人に、今すぐオリンピックに出ろと言っているような状態。

そんなん無理に決まってるじゃんねー!(´⊙ω⊙`)

コミュニケーションが取りずらい事は、当たり前だったと分かっただけでも良かったのかな、なんて。

何とかしなければ!と、どうしても焦ってしまうんですよね。

過ごして行く月日は、待ってはくれません。

でも、それでも。

焦ってはダメだということを、再確認できました。

「HSPだっていいじゃない」

笑って言える日は、もう少し先の様です。

いろんな心配事で前が見えなくならないように。

しっかり前だけを向いて歩いて行こう。

自分のペースでね。

非HSPの言葉はシャットダウン!

原因が分かったところで。

生活の主な事は、非HSPの人と接する事です。

職場など新しい環境に行った時は(自己紹介をする場などで)最初に気疲れをしてしまうこと、コミュニケーション能力が低い事をやんわりとわかりやすく説明すると比較的楽に、新しい環境でも過ごせるそうです。

HSP気質であるために、非HSPの人から、そんなことできないの?とか、今更そんなことしてるの?なんて言われる事があっても、気にしない事。

シャットダウンする!

さいごに

前にも書きましたが。

自分にできることを、やるしかありません。

無理してはいけない。

頭の中の煮詰まりが、カウンセリングを受けて少しスッキリしました。

トツキは思考の答え合わせ的な感じになりましたが、カウンセリングを受けて何を感じ取るかは、人それぞれ違います。

自分がより良くなれる何かを、知る事ができれば。

収穫アリということにしておきましょう( ・∇・)